大和屋酒舗 TEL 082-241-5660

  • 新規会員登録
  • 会員ログイン
  • カートを見る
  • トップページ
  • 大和屋酒舗について
  • お支払・送料
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

送料割引キャンペーン

Amazonクレジット

誠鏡(せいきょう) 幻(まぼろし) 純米大吟醸 赤箱 1800ml

価格: ¥8,250 (税込 ¥8,910)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

店舗と在庫を共有しているため、WEBショップ限定商品を除き
在庫のある商品でも欠品している場合がございます。
また、同業者の方や転売目的のご購入と思われるご注文はお受けできませんのであらかじめご了承ください。

厳選された酒米を高度に精白し、米とリンゴ酵母等、蔵の極秘伝承の技術を駆使して醸し出された大吟醸。

蔵元が語る、純米大吟醸【幻】赤箱

昔と云っても昭和二十年代まで皇室新年の御用酒と云う制度がありました。

それは全国品評会で第一位から第三位に入賞した酒屋が、そのお酒を一升瓶二本に入れ絹の布でつつみ、桐の箱に入れて皇室に献上できるというものでした。

そのお酒は皇室で正月の神事に御神酒として使われるのであります。酒屋にとってこれほど栄誉なことはございません。

そのため酒屋はコストと労力を全くかえり見ずにこの品評会に出品するお酒を造ります。

米は高精白し、粟粒くらいの米の芯だけにして、それにリンゴから採った酵母など当社極秘伝承の技術を駆使して造りました。

これにより、当社は昭和二十三年から二十五年までの三年間、皇室新年御用酒の栄を賜った訳です。それは考えられる限りの資力と労力を投入して、極限をつきつめて造ったお酒です。

その時のお酒を再現して造りましたのがこの「幻」です。

タイプ
純米大吟醸
原材料
米、米麹
原料米
-
精米歩合
-
アルコール分
-
日本酒度
-
酵母
-
酸度
-
アミノ酸度
-

【蔵元紹介】

中尾醸造株式会社

広島県竹原市



安芸の小京都とも呼ばれる竹原市は、瀬戸内海に面した風光に恵まれたところです。

そのような環境から、江戸時代には製塩業が盛んで、全国各地に送られており、塩が届くと「竹原が来た」といわれる程に有名でした。

そして、その当時の浜旦那と呼ばれた塩田の主人や塩の商人、そして文化人達が住んだ町並みが今でも当時のまま残っています。

また竹原市は別名「安芸の小灘」ともいわれ、早くから酒造りが盛んな地でありました。

現在、3軒の造り酒屋が日本酒を造っていますが、江戸時代(1657年)には、15軒、最盛期の大正時代には30軒も有ったという記録が残っています。

そんな中、当蔵は明治4年に創業し、初代店主の、「瀬戸内の海の幸と共においしく飲める、広島ならではのうまい酒を造りたい」という意志を引き継ぎ、清らかで柔らかな水と、地元で収穫される良質な米を使った日本酒造りを信条としております。

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業日

●当日のご注文受付は昼12時までとさせていただきます。


●お電話でのお問合わせは下記時間帯にお願いします。平日10:00 ~ 17:00

●日・祝日はお休みをいただいております。※メールの返信は翌営業日以降となりますので、ご了承ください。


【ご来店・店舗に関するお問い合わせ】
■TEL:082-241-5660
■FAX:082-241-5661

【WEBショップに関するお問い合わせ】
■TEL:082-258-5772
■FAX:082-258-5773
■受付時間:10:00~17:00

※作業中は電話にでられない場合がございます。
数回コールしてもつながらない際は、〈実店舗TEL:082-241-5660〉までご連絡をお願い致します。

■メールアドレス:umaisake@yamatoya-e.com

■公式ホームページ:https://www.e-yamatoya.jp/

店長紹介

大和屋酒舗ロゴ

こんにちは!ネットショップ店長の半明(ハンミョウ)です。

広島の地酒を中心に全国から選りすぐったこだわりの地酒、本格焼酎・果実酒、世界中のワイン、各種洋酒の販売を行なっております。広島地酒の品揃えは広島随一です。広島胡町の銘酒館 大和屋酒舗

コーポレートサイト

ページトップへ