大和屋酒舗 TEL 082-241-5660

  • 新規会員登録
  • 会員ログイン
  • カートを見る
  • トップページ
  • 大和屋酒舗について
  • お支払・送料
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

送料無料12000円キャンペーン延期

送料割引キャンペーン

Amazonクレジット

  • 新着アイコン

風の森(かぜのもり)  ALPHA(アルファ) TYPE7(タイプ7) 720ml×2本入り

価格: ¥3,800 (税込 ¥4,180)
数量:
在庫: 品切れ中です

返品についての詳細はこちら

店舗と在庫を共有しているため、WEBショップ限定商品を除き
在庫のある商品でも欠品している場合がございます。
また、同業者の方や転売目的のご購入と思われるご注文はお受けできませんのであらかじめご了承ください。

風の森ALPHA TYPE7 テーマは一期一会

「風の森」の“ALPHA”シリーズは、従来の「風の森」の枠を越えて目標を定め、独創的な技術で日本酒の可能性を追求しているブランドです。

ALPHA TYPE1は、無濾過生原酒でありながら、アルコール度数が14度と低アルコールで造られたお酒。
TYPE2は、秋津穂のポテンシャル追求をテーマに、22%精米の純米大吟醸。
TYPE3では、火入れでありながらフレッシュさを保つ、世界を見据えた一本へ。
TYPE4は、独自の新技術"氷結採り"によりかつて無い透明感を。
TYPE5では、燗酒の可能性を追求し貴醸酒が登場しました。

そしてこのTYPE7では、2種類の同じ原料で造られながらも、全く正反対の味わいに仕上げあ「LIGHT」と「FULL」の2種類を飲み手自信がブレンドし、一期一会の味わいを作り出してもらうというものです。
ぜひ、自分だけのベストな「TYPE7」を生み出して見てください!

【蔵元コメント】
その時その場所で、あなただけしか味わうことができない、オリジナルのお酒を楽しめるよ うに設計いたしました。2本をセットにし、それぞれのお酒を使ってお客様ご自身で自分好 みのバランスにブレンドしていただきます。

日本酒は同じ原料のお米でも、麹の造り方、発酵温度の違いなど、造り手の持つ技術をどの ようにお酒造りに用いるかで大きく味わいを異にするお酒造りが可能です。
今回はシャープでクリーンな印象のLight とリッチで複雑味のあるFull と2種類のALPHA 風の森 TYPE 7 を同じ露葉風70%のお米で醸造いたしました。
人によってお酒のお好みは色々、またその時楽しむお料理によってもマッチングは色々。
お酒に付属のHARIO 社製計量ビーカーでその時の「一期一会。」 のALPHA 風の森TYPE 7 をお客様のバランスでブレンドしてお楽しみいただけます。

〈ブレンドの仕方〉
1, まずはそれぞれのお酒をそのまま少しずつ楽しむ。
目標のバランスをイメージする
2, 付属のビーカーにメインにしたいお酒をご希望の目盛りまで注ぐ
3, もう一方のお酒を適量加え、テイスティングをする
4, 自分の好みのバランスを見つける
5, 酒器に注いで楽しむ

■油長酒造の商品はこちら

「風の森」の酒名は同市内にある風の森峠から付けられました。
峠付近は、日本で一番早く稲作が行われた地域だといわれ、金剛山麓から強く吹き抜ける風を避け五穀豊穣を祈願して、風の神である志那都彦神(しなつひこのかみ)を祭神とする「風の森神社」が近くの森に祀られています。

タイプ
純米
原材料
米、米麹
原料米
<奈良県産>露葉風100%
精米歩合
70%
アルコール分
14度
日本酒度
LIGHT:+10以上
FULL:-10以下
酵母
-
酸度
LIGHT:1.5程度
FULL:3.0程度
アミノ酸度
-

【蔵元紹介】

油長酒造株式会社

奈良県御所市中本町



創業1719年。それまで営んできた製油業から酒造業へ転じる際、酒の命とも言える良質の水を求め、現在の地に蔵を築きました。

地下100mの深井戸から汲み上げる水は、葛城山や金剛山に降った雪や雨が長い時間をかけて地層にしみ込み、地層をくぐり抜ける間に、鉄やマンガン、有機物など酒造りに大敵の成分が取り除かれます。


代表銘柄は「風の森」、「鷹長」。


「風の森」
1998年に発売開始。生産量は現在約200石。2001年から、純米酒・純米吟醸・純米大吟醸の純米系のみの仕込みになりました。

地の水と、地の米と、地の風土にこだわった、オンリーワンの酒造り。

原料米には山田錦、雄町、露葉風、キヌヒカリ、アキツホを使用し、地元産のアキツホに最も重点を置いています。

笊籠採り(イカキどり)...
無濾過生原酒に頑ななまでにこだわり、常温でも生ヒネしない酒質にするために、12代目蔵元・山本氏が考案した独自の搾り方。モロミの中に、笊籬状(いかきじょう)のスクリーンを沈めて、モロミと清酒を分離する画期的な技法で、搾る際に酒が空気に晒されるのを防ぎます。
これは、長時間空気に晒される吊るし取りを凌ぐと考え、蔵元は所蔵していた全ての斗瓶を廃棄しました。

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • WEBショップ店休日

●当日のご注文受付は午前10時までとさせていただきます。

●実店舗とWEBショップの休業日は異なる場合がございます。



●お電話でのお問合わせは下記時間帯にお願いします。平日10:00 ~ 17:00

●日・祝日はお休みをいただいております。※メールの返信は翌営業日以降となりますので、ご了承ください。


【ご来店・店舗に関するお問い合わせ】
■TEL:082-241-5660
■FAX:082-241-5661

【WEBショップに関するお問い合わせ】
■TEL:082-258-5772
■FAX:082-258-5773
■受付時間:10:00~17:00

※作業中は電話にでられない場合がございます。
数回コールしてもつながらない際は、〈実店舗TEL:082-241-5660〉までご連絡をお願い致します。

■メールアドレス:umaisake@yamatoya-e.com

■公式ホームページ:https://www.e-yamatoya.jp/

店長紹介

大和屋酒舗ロゴ

こんにちは!ネットショップ店長の半明(ハンミョウ)です。

広島の地酒を中心に全国から選りすぐったこだわりの地酒、本格焼酎・果実酒、世界中のワイン、各種洋酒の販売を行なっております。広島地酒の品揃えは広島随一です。広島胡町の銘酒館 大和屋酒舗

コーポレートサイト

ページトップへ